人体に影響があるPM2.5やPM0.5対策はマスクが有効!

現在はもう当たり前のようになったPM2.5。

ところが、最近はさらに粒子の小さいPM0.5という存在が確認された。

 

この数字が小さくなればなるほど、人体に影響があると言われている。

理由はあまりにも小さいため、カラダに取り入れてしまうと肺胞に入り込んでしまい、様々な病気が懸念されるからだ。

 

では、現状どのように対策すればいいのかだが、やはり一番有効なのはマスクの着用となる。

最近ではPM2.5を防ぐマスクが一般化しているため、以前のようにマスクの品切れはないと思われる。

 

ただし、現状PM0.5を防ぐマスクはないため、注目すべき点は商品購入前に書かれている「PFE」という項目だ。

この割合が高ければ高いほど、細菌や微粒子の進入を防ぐ割合が高いため、できる限り割合の高い商品を購入することがポイント!

安易にPM2.5対策マスクだからと言って、全てが同じ商品ではないため、この点は注意が必要だ。

 

現在はまだPM0.5対策のマスクは聞かないが、おそらく近いうちに登場することが予想される。

 

が、いくら性能がよいマスクでも使い方を間違えると全く効果がないため、使い方は非常に重要である。

と言っても、至極簡単なことである。

要は顔にピッタリとフィットすればOKなのだ。

 

これは粒子が非常に小さいため、少しでも空間が出来てしまうと、そこから入り込んでしまうためだ。

 

そのため、先ほどのPFEの数値が高い商品かつ自身の顔にフィットするものを選ぶことが大切だ!

あとは空気清浄機が有効である。

 

ただ、残念なことにどんなに対策しても確実に全てを防ぐことは困難であり、帰宅後の服や洗濯した服に付着したり、換気中に入ってくるなど、その対策は難しい。

そのため、過度に気にしすぎるのもストレスなどの要因になるため、気にしすぎないことも大切である。

 

とはいえ、メディアで連日取り上げられているため、気になることは間違いないのだが、現在有効とされる対策はマスクと空気清浄器であるため、これらの対策は必要だろう。

スポンサード リンク

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ