ノロウイルスの2次感染を防止するための消毒方法

ノロウイルスに感染された方が嘔吐・糞便された場合、それが飛散することで2次感染をおこす。

ノロウイルスが怖いのはこの点で、非常に感染力が強いため、次から次へと感染を引き起こす可能性がある。

もし家族、またはご自身が感染された場合、被害が増えないように細心の注意を払う必要がある。

 

嘔吐で衣服や布団などに付着した場合、飛散しないように洗剤で洗い、次亜塩素酸ナトリウム消毒液で消毒すること。

注意しなければならないのは、普段使われている洗剤では、ノロウイルスを殺菌することができないため、必ず「次亜塩素酸ナトリウム」が含まれたものを利用すること。

※ただし、本来は破棄することが望ましい。

 

おう吐物の処理に関しては、通常の洗剤で掃除・または水洗いのみで済ませてしまうと、ウイルスが全く殺菌出来ていない状態であるため、2次感染を引き起こしてしまう。

そのため、ウイルスが飛び散らないようにペーパータオルなどで処理すること。

ただし、先ほども言ったように、通常の洗剤では殺菌できないため、嘔吐物を拭き取った後は、速やかに次亜塩素酸ナトリウムが入った洗剤で消毒すること。

その際、嘔吐物は吐いた場所よりも確実に周りに飛散しているため、少し範囲を広げることが望ましい。

その後、キレイに水拭きすること。

 

なお、処理したペーパータオルなどは、2次感染を引き起こさないように、ビニール袋に密封して破棄すること。

 

次に糞便であるが、感染された方は酷い下痢になるため、トイレのふちや便座に目には見えないウイルスがたくさん付着している。

また、ドア周り・トイレのレバーなどにウイルスが付着しているため、トイレのたびに次亜塩素酸ナトリウムが含まれる消毒液で掃除する必要がある。

この際、簡単に捨てられるペーパータオルなどが便利。

 

調理器具なども同じように、次亜塩素酸ナトリウム消毒液を使い、ペーパータオルなどで拭く。

 

次亜塩素酸ナトリウムは家庭でも簡単に作ることができるが、その日のうちに使い切らなければならないため、市販で販売されているものの方が便利である。

この時期は毎年必ず流行になるため、各ご家庭に次亜塩素酸ナトリウムが入った洗剤、または消毒液は置いておくべきだろう。

スポンサード リンク

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ